女性が便秘になると体臭も問題に

女性が便秘になると体臭も問題に

体臭と言えば、ワキガなどの体質的な問題から、肉食過多などの食生活によるモノなど、様々な要因があります。

 

 

ただ、男性と比較して女性は余り体臭が問題になるケースはないと言うのが一般的な印象ではないでしょうか。確かに女性は男性と比較して余り汗もかきませんし、全体的な傾向としては脂っぽくもないように思われます。

 

 

しかしながら、女性は男性よりもある理由での体臭問題は顕著だと言えるでしょう。それは何かと言えば、「便秘」による体臭問題です。便秘と言えば女性に多く見られる症状の1つです。実際女性は男性の2倍強便秘に苦しんでいるとされます。その理由としては腹筋を中心とした筋力の弱さ、妊娠時の腸への圧迫、ダイエットの弊害、女性ホルモンの影響など多岐に渡ります。では、それがどうして体臭に影響するのでしょうか。

 

その理由は、大腸から吸収した、便秘による悪臭を伴ったガス成分が血液中に入り、それが体臭や口臭となって外へと排出されるからです。肝臓などでも一部は分解されるのですが、分解しきれない分が体臭につながります。体臭どころかまさに悪臭に分類される臭いですので、ひどい場合には周囲に与える悪影響はちょっとした臭い程度では済みません。

 

まして女性ですから尚更問題でしょう。当然ですが、体臭としてだけでなく、身体に悪い成分ですので、体調にも悪影響(女性は大腸ガンになる確率が高いです)がありますから絶対に改善が必要です。

 

基本的には、食物繊維や乳酸菌の入ったヨーグルトや飲料などの摂取による食生活の改善や、日常的な運動などの根本的な改善を必要とすることは言うまでもありませんが、女性の場合にはホルモンや妊娠などの影響もありますから、そう簡単にすぐ治るということもないので、即効性のある改善策も必要でしょう。

 

要介護者が飲む、介護する人が下の処理をしやすいようにするための臭いを軽減するサプリなどがありますから、取り敢えずはそれで臭いを先に抑えるという手も、緊急避難的には有効でしょう。勿論根本的な治癒が必要ですので、あくまで応急処置的な意味しかありません。