多汗症は普段の食生活も影響している

多汗症は普段の食生活も影響している

多汗症というのは他の人が汗ばんでいないような時でも汗ばんでしまうような症状です。

 

 

ですから汗をたくさん掻くような真夏であれば気にならないようなこともありますが、冬や秋のあまり汗ばむような季節でないのに汗を掻いていることが多い人は多汗症を疑ってみましょう。多汗症というのは体質的なものですから遺伝が影響していることというのもあるものですが、遺伝だけでなく、普段の自分の食生活も影響していることがあるものです。

 

特に実家暮らしをしているような人であれば家族が食事の管理をしてくれているようなこともあるので良いですが、一人暮らしの人であれば自分の好きな食事中心になってしまっていることもあるので、知らず知らずのうちに体に良くない食事をしてしまっているということもあります。ですから、多汗症の人であればまずは体の代謝を良くする食べ物に注目してみましょう。

 

 

濃い味付けがなくても食べられるような新鮮な食材を料理に用いることや、脂分の多い食事はしないようにもしましょう。特に油は取りすぎになってしまうと体の皮膚も油ギッシュになってべたつきます。汗がきつい体臭に変わってしまうようなこともあるでしょう。油は揚げ物などは食べなくても野菜炒めにも使われていることが多いものですから、揚げ物を食べることによって過剰摂取になってしまうこともあるものです。

 

 

ですから控えめにもしましょう。そして、食生活の変化なども多汗症の症状を加速させてしまうことにもなります。日本食に比べて洋食はカロリーも高く、野菜不足になることもあるものです。ですから多汗症を改善するなら和食を取り入れるようにもしましょう。そして、汗がにおわないようにアルコール・タバコ類は避けることが必要です。アルコール成分は汗によって体の中に残っているものが抜けることも多いので、その分汗が臭くなるものです。アルコールを飲む時はあまりたくさん飲まないようにすることが大事です。