加齢臭の原因と考えられるのは、脂肪酸と過酸化脂質

加齢臭の原因と考えられるのは、脂肪酸と過酸化脂質

男性はある一定年齢になると、体臭がきつくなってきます。
加齢臭と呼ばれるものです。

 

これは年齢を重ねた男性特有の体臭と言わざるを得ません。
20代の頃にはないのですが、40代を過ぎる頃から段々と体質の変化とともに、加齢臭が出てくるようになるのです。
その原因は身体の酸化です。

 

加齢臭の原因と考えられるのは、脂肪酸と過酸化脂質です。
若い時は、身体の酸化を抑える力があります。

 

しかし、歳を取っていくうちに、その抑制力も衰えてきて、これらの物質が体内で増えてくるのです。
この2つの物質が合体して生まれてくるノネナールという物質こそが、加齢臭の元凶なのです。
加齢臭を抑えるためには、身体の酸化をいかに抑えるかが重要になってきます。

 

最近、よく耳にする物質の中に活性酸素があります。

 

この物質が体内に蓄積されることで、身体を酸化させていくのです。
活性酸素はストレスの蓄積からも多く発生させてしまうことになることから、精神的なので安定を促すことが大事だと言われています。
一方で、食生活の見直しも大事です。

 

元々、野菜や穀物類中心の食生活だった日本人は加齢臭とは無縁の世界でした。
しかし、欧米の食生活が取り入れられるようになってからは、高タンパク質、高脂肪高いカロリーの食材で満ち溢れています。
これも身体の酸化を加速させてしまうことになり、加齢臭の原因になってくるのです。

 

したがって、体臭の中で、多くの人に迷惑をかけないように体質改善を図るためには、野菜中心の食材をメインに摂っていくことが必要なのです。
また、ポリフェノールやベータカロチン、カテキン、イソフラボンなどの成分を多く含んだ食材、飲み物も意識的に取り込んでいくことも必要です。
これらの食材は野菜や大豆を中心にした食材で、和食としてのメニューが多くなってきます。

 

食生活を昔のような中身にしていくことやストレスを溜めない心を鎮める生活を送ることが加齢臭をなくしていく方法と言えるのです。