アポクリン腺やエクリン腺の汗腺口を閉じて体臭を抑えるインフォレーゼ法

アポクリン腺やエクリン腺の汗腺口を閉じて体臭を抑えるインフォレーゼ法

わきが対策としては、清潔を保つこと、市販の消臭剤を利用することなどがあげられますが、一時的に臭いを抑えることができても、やはり一時的な方法ですので、根本的に悩みを解消していくことはできません。

 

よりしっかりと悩みを解消するのであればわきが治療も検討してみてはいかがでしょうか。
治療にも様々な方法があり、特に手術は高い効果を得ることができるとされています。

 

原因となる汗腺を取り除くので、しっかりと悩みに対応することができますが、そのかわり、体への負担もありますし、傷が残ってしまうという問題も出てきます。

 

そして本格的な治療となると腫れや痛みなどのダウンタイムも長くなってしまいますので、長期に休みが取れないという場合には向いていないこともあります。
そこで、最近は切らずに行えるわきが治療が人気となっており、その種類も実に様々です。

 

切らずに治療が行えれば短時間で施術を済ませることができますし、体への負担も少なく、ダウンタイムもほとんどありません。
そして、体に傷が残るという心配もなくなります。

 

切らずに行えるわきが治療にも様々な方法がありますが、インフォレーゼ法も評判の治療のひとつです。

 

こちらはホルマリン溶液に浸したガーゼを当てて、そこへ電流を流すことで、アポクリン腺やエクリン腺の汗腺口を閉じて体臭を抑えるという方法です。
医療機関だけではなく、エステサロンなどでも行われている方法で、気軽にわきが治療を行いたいという人に向いています。

 

メスを使わないので、体に傷ができるという心配もありませんし、短時間の施術で済み、体への負担もほとんどありません。
脇下全体に対して一度で施術が行えるのもメリットです。

 

インフォレーゼ法の欠点についても知っておきたいですが、まず効果の持続期間はあまり長くはなく、1、2週間程度とされています。
それゆえに効果を持続させるためには何度も施術を行わなくてはなりませんし、継続すると意外と費用が高くついてしまうこともあります。

 

初めて治療を行うという人には気軽に利用できる方法ですが、こちらは永久的な効果は期待できず再発のリスクがある方法であることは理解しておきましょう。

 

そして、どちらかというと軽度の症状の人に向いている方法で、重度の人の場合はこれだけでは対応できない可能性もあります。
一時的に臭いを抑えたいという場合には便利な方法ですが、より効果を長続きさせたい、根本的に悩みを解消したいという場合は別の治療も検討してみると良いでしょう。