定期的にリコピンを摂取して体を健康に、若く保つ

定期的にリコピンを摂取して体を健康に、若く保つ

最近、トマトに多く含まれるリコピンが健康の維持や美容にいいと言われています。

 

 

しかし、どういう作用で体にいいのかという点はあまりご存知ではない方も多いかと思います。今回は、リコピンが体にどのように作用するのか、どのように食べれば効率よく摂取できるのかについて説明したいと思います。

 

 

リコピンと言うのはトマトやスイカに多く含まれるカロテノイドと呼ばれる赤色の色素です。カロテノイドというのは緑黄色野菜に含まれている色素の総称で、特徴として強力な抗酸化作用を持っていることで知られています。その中でもリコピンは非常に強力な抗酸化作用を持っているのです。体の中で発生する活性酸素は体内に侵入してきた細菌などを撃退する作用があるのですが、ストレスなどで過剰に発生してしまうと、逆に体を攻撃してしまい、肌の老化や生活習慣病を引き起こす原因の一つとなってしまいます。リコピンはそんな活性酸素を中和し、無害化させてくれるのです。

 

 

 

例えば、動脈硬化や血栓を引き起こす悪玉コレストロールの発生を抑え、善玉コレストロールを増やす働きがあったり、紫外線にあたることにより肌に発生する活性酸素を抑えることでシミやそばかすが出来るのを防いでくれる、まさに健康維持のストッパーのというべき存在がリコピンなのです。

 

 

では、リコピンはどのように摂取すれば効率的に体内に吸収されるのでしょうか?リコピンは脂溶性、つまり油に溶けやすいという性質があります。ですから、トマトを生で食べる場合はドレッシング等の油を含むものと一緒に食べることで摂取しやすくなります。また、トマトでも大玉のトマトよりもプチトマトにより多くのリコピンが含まれていることが分かっています。そして、リコピンは加熱をしても壊れないので、トマトスープやトマトソースにして食べるという方法も非常に効率よくリコピンを摂取できます。

 

 

私達の体内にも抗酸化作用を持つホルモンや酵素はあるのですが、年を取っていくにつれて分泌量やそれ自体の効能は薄れていってしまいます。だからこそ、定期的にリコピンを摂取して体を健康に、若く保っていきたいですね。